肺炎球菌ワクチン

以下の写真のような案内が来ている方はいらっしゃいますか?

各年度で対応をしております。期間内に受けるようにしましょう。

当院では薬剤の準備に2,3日を要します。

接種希望の際には事前にご連絡ください。

肺炎は高齢者における死亡の原因で第3位

風邪をこじらせて咳が続く、なんとなく熱が続く、などの症状で実は肺炎になっていることがあります。

肺炎を予防するワクチンがあるのをご存知でしょうか。市から案内がきている方(助成の年齢に相当する方)は接種をお勧めしています。

もちろん、ワクチンなんて打たなくたって自分は生来健康だとおっしゃる方もおられると思います。

高齢者における肺炎球菌のワクチンの効果

23価肺炎球菌肺炎球菌多糖体ワクチンは、高齢者施設の入所者の肺炎球菌性肺炎を63.8%、肺炎全体を44.8%抑制したと報告があります(Maruyama et al. BMJ 2010;340:c1004.)。

肺炎球菌の外側を覆っている莢膜(きょうまく)を標的にするワクチンです。病原性の主たる原因が菌体を覆う厚い莢膜(多糖体の膜)です。莢膜は身体の中の貪食作用に対して強い抵抗性を持ち肺炎球菌感染の重症化にも関連しています。この莢膜の種類は90種類以上あり、その何種類かを組み合わせてワクチンをつくっています。ワクチン接種によって身体が抗体を作り、この莢膜を認識して菌を貪食する(退治する)のです。

公費助成で接種できるワクチン

莢膜多糖体を精製した多糖体ワクチン(ニューモバックス)が広く使われています。

このほかに、精製した莢膜多糖体にキャリアタンパクを結合させた結合型ワクチン(プレベナー)もあります。もしもニューモバックスを接種したことがある人がプレベナーを接種する際には、ニューモバックスの最終接種から経過した期間を考慮に入れるので注意が必要です。

参考:久留米市のホームページ
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/…/infuruenzayobousessyu.…

皆さんの周りで肺炎球菌ワクチンの案内が来ている方には接種を促すようにお願いいたします。基礎疾患のある方(肺疾患、心臓疾患、糖尿病など)は肺炎球菌ワクチンと同時にインフルエンザの予防接種もお勧めします。

 

合川さかもと内科 院長 坂本勇一
〒839-0861 福岡県久留米市合川町432-1
TEL: 0942-41-8585 FAX: 0942-41-8584
Mail: info(アットマーク)aikawa-sakamoto-clinic.com


初診・再診受付サービス https://medical.apokul.jp/web/36/reservations/add